Contents ともに考えよう 三江線のこれから (島根大学プロジェクトセンター)

Fc611c29 s
一般公開
公開日:2017年09月19日 〜 終了日:2018年09月19日
説明:

シンポジウム「ともに考えよう 三江線沿線のこれから」

日時:2017年6月24日(土) 14:00-16:00
会場:悠邑ふるさと会館 マルチホール
主催:島根大学法文学部山陰研究センター
共催:島根大学地域未来戦略センター

1.三江線沿線・江の川流域の歴史と固有価値をめぐって
  田中義昭(元・島根大学教授)
2.三江線配線問題をめぐる動きとその教訓を探る
  関耕平(島根大学法文学部 准教授)
  岡崎勝彦(愛知学院大学教授・島根大学名誉教授)
  有田恭二(元・川本町観光協会 嘱託職員)
3.今後の公共交通と地域の再生をどう展望するか
  飯野公央(島根大学法文学部 准教授)
  政森進(三次市観光協会 専務理事)
  保母武彦(島根大学名誉教授)

このコンテンツを利用している人は、次のコンテンツも視聴・受講しています
島根学2014:地域創生と風景街道
文化資源としての妖怪-まちづくりを通した現代的活用の事例から
平成26年度しまだいCOC事業報告会
宇宙の未知粒子『暗黒物質』を探る(ヒッグス・初期宇宙プロジェクトセンター)
ものづくりでつなぐコミュニティ
山陰防災フォーラム2015年 春の講演会(自然災害軽減プロジェクトセンター)
オープンデータのビジネス活用セミナー in 松江(Ruby・OSSプロジェクトセンター)
地域課題解決に向けた交渉と合意形成
オープンデータ活用地方創生セミナー in 松江(Ruby・OSSプロジェクトセンター)
オープンデータ活用地方自治体セミナーin松江(Ruby・OSSプロジェクトセンター)
「へしこの町」になるために-わかさ美浜町における郷土食を活かした地域振興
島根学2017
地域とつながる人文学の挑戦―山陰の文学・歴史学・考古学研究から考える―